U.M.I Film Makers 航海日誌

映画製作ユニット「U.M.I Film Makers」の活動の日々を記した航海日誌です。

船長の航海日誌94~映画『さようなら』フィリピン・パンブジャン国際映画祭入選

こんにちは。船長の武信です。

映画『さようなら』がフィリピンのサマール島・パンブジャンで1月20日~21日にかけて行われるパンブジャン国際映画祭に入選いたしました。
制作中から色んな島国で上映されたら良いなぁと思っていたのでフィリピンで上映されるのはとても嬉しいです。
もし期間中フィリピンにいかれる方が居られましたら是非!



野村有志監督作品『さようなら』
ゆうばりファンタスティック国際映画祭2022フィルミネーション賞受賞作品
ムービープレイ国際映画祭最優秀長編賞受賞作品
スイス国際映画祭外国映画部門公式セレクション
ボリビア黒猫賞国際映画賞公式セレクション
ベストロフ映画祭公式セレクション
ブライト国際映画祭ファイナリスト
モジョ国際映画賞ノミネート



www.youtube.com


淡路島の小さな工場で働く味気ない人々の物語。彼等、彼女等が生み出す甘美な憧憬が全てを巻き込み錯綜する。

「2000万?あのおっさんがそんな持ってるはずないやろ」
「脱税して貯めてたみたいなんです」
「ほんで?」
「だから、盗られても警察に言えないんです」

CoRich舞台芸術まつり!2018春 グランプリ獲得/演技賞(美香本響)受賞・「手のひらフェスティバル2018」観劇ビギナー大賞など各賞受賞・「佐藤佐吉賞2018」優秀助演男優賞(伊藤駿九郎)・優秀主演女優賞(一瀬尚代)受賞など数々の受賞歴に輝く名実共にオパンポン創造社の代表作「さようなら」の映画化。
(カラー/101分/日本映画/映倫番号122953/G区分)


出演
野村有志
一瀬尚代
美香本響
川添公二
伊藤駿九郎
殿村ゆたか

飯嶋松之助(友情出演)


監督・脚本
野村有志


製作
U.M.I Film makers


共同製作
オパンポン創造社


コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業 ARTS for the future! 採択事業

船長の航海日誌93~映画『さなぎの猫』初号試写会

こんにちは。船長の武信です。

12月22日にINDEPENDENT Theatre 1stにて映画『さなぎの猫』の初号試写会を開催いたしました。
そう、これにて『さなぎの猫』は一先ず完成となります。

大きな画面で観るのは関係者一同初めてだったのですが、この映画面白いんじゃないかなw
前作の『さようなら』と違って全くの0から作っているので「この映画はこう作れば面白いのだ!」という自信はあまり無い状態で作ってたのですが(ある方が珍しいと思うけどw)、頭をまっ更にして観て面白かったです。

一つ自信を持って断言出来ることがあるとすれば「こんな映画は他に観たことがない」ということw
全然既存の何かっぽく無い、相当オリジナリティ高い作品だと思います。
来年は国内外の映画祭に出品の後、一般上映に向けて動いていきますので皆様お披露目まで今しばらくお待ちくださいませ。




文化庁 令和3年度補正予算事業
コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業 AFF2 支援作品
野村有志監督作品『さなぎの猫』


【あらすじ】
猫島として有名な佐柳島に靖という一見ぶっきらぼうな男が暮らしていた。
ある時、靖はびしょ濡れで島を徘徊する花子と名乗る女と出会い、海に落として無くしてしまった「鞄」を探して欲しいと頼まれる。
その時丁度帰省中だった靖の幼馴染である千佳とその夫の清も巻き込んで、美しくのどかな佐柳島を舞台に繰り広げられる小さな騒動。
様々な場所を住む場所に選んだ者たちの人間(?)模様。

未来・過去、そして今を描く、切なくて美しい佐柳島SFヒューマンファンタジー



【監督・脚本】
野村有志


【出演】
浅雛拓
鳩川七海
一瀬尚代
野村有志



【スタッフ】
撮影監督・編集・製作統括 武信貴行(U.M.I Film makers)
助監督 橿原大和(120) 林知明
撮影 タニガワヒロキ
照明 竹田和哲(NOLCA SOLCA Film)
音響 浅葉修(Chicks)
美粧 KOMAKI(kasane)
造形 久太郎(Anahaim Factory)
撮影記録 緒花(Noisy Bloom)
制作進行 篠原ひなた 三坂恵美(Booster)
現地協力 坂川桃香
製作 U.M.I Film makers
共同製作 オパンポン創造社
配給 Booster

コロナ禍からの文化芸術活動の再興支援事業 ARTS for the future!2採択事業

船長の航海日誌92~映画『さようなら』スイス国際映画祭外国映画部門入選

こんにちは。船長の武信です。

映画『さようなら』がスイスのレマン湖近郊のオボンヌで12月12日~16日にかけて行われるスイス国際映画祭外国映画部門に入選いたしました。
…い、行きたいけど行けないw
ご都合合う方は是非スイスで『さようなら』を御覧ください!!!



野村有志監督作品『さようなら』
ゆうばりファンタスティック国際映画祭2022フィルミネーション賞受賞作品
ムービープレイ国際映画祭最優秀長編賞受賞作品


www.youtube.com


淡路島の小さな工場で働く味気ない人々の物語。彼等、彼女等が生み出す甘美な憧憬が全てを巻き込み錯綜する。

「2000万?あのおっさんがそんな持ってるはずないやろ」
「脱税して貯めてたみたいなんです」
「ほんで?」
「だから、盗られても警察に言えないんです」

CoRich舞台芸術まつり!2018春 グランプリ獲得/演技賞(美香本響)受賞・「手のひらフェスティバル2018」観劇ビギナー大賞など各賞受賞・「佐藤佐吉賞2018」優秀助演男優賞(伊藤駿九郎)・優秀主演女優賞(一瀬尚代)受賞など数々の受賞歴に輝く名実共にオパンポン創造社の代表作「さようなら」の映画化。
(カラー/101分/日本映画/映倫番号122953/G区分)


出演
野村有志
一瀬尚代
美香本響
川添公二
伊藤駿九郎
殿村ゆたか

飯嶋松之助(友情出演)


監督・脚本
野村有志


製作
U.M.I Film makers


共同製作
オパンポン創造社


コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業 ARTS for the future! 採択事業

船長の航海日誌91~映画『さようなら』最優秀長編賞受賞

こんにちは。船長の武信です。

映画『さようなら』がムービープレイ国際映画祭で最優秀長編賞を受賞しました!
映画祭での受賞はゆうばり国際ファンタスティック映画祭に続き二度目の受賞となります。
これも一重に映画『さようなら』を日頃から応援してくださっている皆様、気にかけて下さる皆様のおかげです
今後とも映画『さようなら』をご愛顧のほど何卒宜しくお願い致します<(_ _)>



野村有志監督作品『さようなら』
ゆうばりファンタスティック国際映画祭2022フィルミネーション賞受賞作品
ムービープレイ国際映画祭最優秀長編賞受賞作品


www.youtube.com


淡路島の小さな工場で働く味気ない人々の物語。彼等、彼女等が生み出す甘美な憧憬が全てを巻き込み錯綜する。

「2000万?あのおっさんがそんな持ってるはずないやろ」
「脱税して貯めてたみたいなんです」
「ほんで?」
「だから、盗られても警察に言えないんです」

CoRich舞台芸術まつり!2018春 グランプリ獲得/演技賞(美香本響)受賞・「手のひらフェスティバル2018」観劇ビギナー大賞など各賞受賞・「佐藤佐吉賞2018」優秀助演男優賞(伊藤駿九郎)・優秀主演女優賞(一瀬尚代)受賞など数々の受賞歴に輝く名実共にオパンポン創造社の代表作「さようなら」の映画化。
(カラー/101分/日本映画/映倫番号122953/G区分)


出演
野村有志
一瀬尚代
美香本響
川添公二
伊藤駿九郎
殿村ゆたか

飯嶋松之助(友情出演)


監督・脚本
野村有志


製作
U.M.I Film makers


共同製作
オパンポン創造社


コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業 ARTS for the future! 採択事業

船長の航海日誌90~映画『さようなら』が国際映画祭入選

こんばんは。船長の武信です。

この度映画『さようなら』が海外のオンライン国際映画祭であるベストロフ映画祭ムービープレイ国際映画祭に入選いたしました。

これで映画『さようなら』は通算5つの映画祭に参加・入選し上映して頂いたことになります。
今後も色々な場所で皆様にご覧いただけるよう頑張りますので、新作の『さなぎの猫』共々、より一層の応援の程宜しくお願い致します!




野村有志監督作品『さようなら』
ゆうばりファンタスティック国際映画祭2022フィルミネーション賞受賞作品


www.youtube.com


淡路島の小さな工場で働く味気ない人々の物語。彼等、彼女等が生み出す甘美な憧憬が全てを巻き込み錯綜する。

「2000万?あのおっさんがそんな持ってるはずないやろ」
「脱税して貯めてたみたいなんです」
「ほんで?」
「だから、盗られても警察に言えないんです」

CoRich舞台芸術まつり!2018春 グランプリ獲得/演技賞(美香本響)受賞・「手のひらフェスティバル2018」観劇ビギナー大賞など各賞受賞・「佐藤佐吉賞2018」優秀助演男優賞(伊藤駿九郎)・優秀主演女優賞(一瀬尚代)受賞など数々の受賞歴に輝く名実共にオパンポン創造社の代表作「さようなら」の映画化。
(カラー/101分/日本映画/映倫番号122953/G区分)


出演
野村有志
一瀬尚代
美香本響
川添公二
伊藤駿九郎
殿村ゆたか

飯嶋松之助(友情出演)


監督・脚本
野村有志


製作
U.M.I Film makers


共同製作
オパンポン創造社


コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業 ARTS for the future! 採択事業

船長の航海日誌89~映画『遺言』が名古屋で上映

こんにちは。船長の武信です。


2021年に季刊ライトシネマの一本として制作された中野守監督作品『遺言』が日本コメディ映画祭に入選し名古屋で上映されることになりました!
既に行われた秋田上映では観客賞・最優秀秋田賞を受賞させて頂いておりAmazon Prime Videoでの配信でも好評を頂いてる作品です。
オリジナルの人生ゲームで遺産の取り分を決める、揉めまくる家族のハイスピード・ハイテンション会議ムービー、この機会に是非御覧下さい。


日本コメディ映画祭の詳細はこちらから▼
japancomedy-filmfes.com





中野守監督作品『遺言』


www.youtube.com


【あらすじ】
祖父の通夜。弁護士が現れ、今からオリジナルの人生ゲームで遺産の取り分を決めると告げる。
遺族は反発するも参加せざるを得ない。
ゲームのマスには遺族の秘密を暴露する内容が書かれていた!
揉めまくる家族のハイスピード・ハイテンション会議ムービー!


【監督】
中野守(中野劇団)


【撮影監督】
武信貴行(U.M.I Film makers)


【出演】
三条上ル
真野絵里
桐山泰典
川原悠
延命聡子(以上、中野劇団)

土肥希理子
長橋秀仁
神藤恭平(DanieLonely)
北川啓太

一場面

船長の航海日誌88~映画『さようなら』ボリビア黒猫賞国際映画祭入選


こんにちは。船長の武信です。


南米ボリビアで開催されている「黒猫賞国際映画祭(BLACK CAT AWARD)」に映画『さようなら』が入選しました!
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・うみぞら映画祭に続いて3回目の映画祭上映にして初の海外での映画祭の上映となります。


開催期間は2022年11月11日から11月15日まで。


お気軽にどうぞ!…と言える距離ではない地球の真裏ですが機会がある方は是非!
ボリビアの皆様も是非!!
…是非!!!w



野村有志監督作品『さようなら』
ゆうばりファンタスティック国際映画祭2022フィルミネーション賞受賞作品


www.youtube.com


淡路島の小さな工場で働く味気ない人々の物語。彼等、彼女等が生み出す甘美な憧憬が全てを巻き込み錯綜する。

「2000万?あのおっさんがそんな持ってるはずないやろ」
「脱税して貯めてたみたいなんです」
「ほんで?」
「だから、盗られても警察に言えないんです」

CoRich舞台芸術まつり!2018春 グランプリ獲得/演技賞(美香本響)受賞・「手のひらフェスティバル2018」観劇ビギナー大賞など各賞受賞・「佐藤佐吉賞2018」優秀助演男優賞(伊藤駿九郎)・優秀主演女優賞(一瀬尚代)受賞など数々の受賞歴に輝く名実共にオパンポン創造社の代表作「さようなら」の映画化。
(カラー/101分/日本映画/映倫番号122953/G区分)


出演
野村有志
一瀬尚代
美香本響
川添公二
伊藤駿九郎
殿村ゆたか

飯嶋松之助(友情出演)


監督・脚本
野村有志


製作
U.M.I Film makers


共同製作
オパンポン創造社


コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業 ARTS for the future! 採択事業